広島を中心に不用品回収・引取り・片付け・処分・買取りなどおまかせください

個人事業者

個人事業者向けサービス

2016/10/01

回収屋、便利屋、○○屋、の様な屋号、名称で活動されている個人の方。
ヤフオクやフリマで活動されている個人の方。軽貨物運送のFC加盟などで、単身用引越しを兼務されている個人事業者の方。過剰な在庫や、仕入れ時につかまされるごみ同然の何かや、現場回収でごみになっている物など、処分経費の削減でご期待に沿えます。

家電雑品ばかり回収してきた。
家電雑品が値崩れ、金属スクラップも集め始めた。
金属スクラップ値崩れ、遺品整理も始めたみた。

遺品整理をやってみたが・・・。

など、不用品回収、ごみ回収、遺品整理といったサブビジネスを持ってみても手間が増えただけでお困りではないでしょうか?
 
今まで通りの事をやって、処分経費の削減だけで利益を確保できる、当社のサービスを是非ご利用ください。

処分費削減プラン

軽トラックなので、多くても全体の物量が4㎥だとします。

現場回収だと、いろいろな種類があるはずなので、グラフを色分けしています。
廃棄物業者へ持ち込んで、いつも通りに捨てると6,000円前後/㎥ですから、処分費は4㎥ x 6,000円=24,000円。

*廃棄物収集運搬業者の実際の請求額を参考としています。(ページ下段に掲載)

広島の産廃処分、ごみ処分、不用品処分にかかる費用、料金の比較表です。

回収現場から、処分品をそのまま全部を下せます

当社で規定の輸出対象なら2,000円/㎥で済みます。例えば持込まれた4㎥の内、輸出対象が3.2㎥なら x 2,000円=6,400円です。

  当社 廃棄物業者(産廃屋)
全体量 4㎥ 4㎥
輸出対象 3.2㎥ -
㎥単価 x 2,000円 x 6,000円
6,400円 24,000円
対象外 0.8㎥ -
対象外㎥単価 x 6,000円 -
4,800円 -
総合計 11,200円 24,000円

対象外は0.8㎥なので x 6,000円=4,800円。もともと24,000円だった処分費は、結果11,200円で済むことと、差額の12,800円が浮くことになります。
これまでに何度も現場回収をしてきたのであれば、メリットは簡単におわかり頂けたはずです。*すべて税抜で記載しています

*持込みされる場合は、事前に予約が必要です。

予約 電話やメールなどから、予約状況の確認をお願いします。
受付 予約当日にお越し頂き、受付を行ってください。
荷下ろし 受付で指示された位置に、荷下ろしをお願いします。
確認 荷下ろしが終わりましたら、受付にお越し下さい。

・・・

自社で対象外の物は廃棄物収集運搬業者を利用しています

自社の現場でも輸出対象でなければ捨てるしかありません。皆さんと同じく、「経費削減」、「安く捨てたい」といった思いは同じで、これまでにも、いろんな業者にお世話になってきた中、1㎥あたりの処分費が5,000円~8,000円という幅がありました。
(中には10,000円というところもありますが、稀なので費用幅には入れていません。)

不用品処分見積書
この時は全体量が5㎥で32,400円の請求です。1㎥につき6,000円の計算ですが、これは業界の値上げ傾向による影響で、以前は5,000円でしたが、6,000円に変わった後でした。

請求内訳

不用品処分積載量5

戸建まるごと処分の案件で、全体の物量は約40㎥。そのうち、輸出対象の35㎥は自社車輛に積込み。
残り5㎥は、現場へ廃棄物業者に来てもらったことで、本件の請求書という流れです。
5㎥x6,000円=30,000円。+税2,400円で、計32,400円

ただし、搬出作業は全て自社でやっています。外に出してまとめておきました。その後、廃棄物業者が2名+当社側2名でバケツリレー的に積込み作業を手伝っています。
自社で、ここまでやっているから、1㎥が6,000円です。これを全て廃棄物業者に任せれば、搬出作業費用+作業人員分の費用が追加され、もっと高くなっていたところです。

この様に、当社も皆さん同様に廃棄物業者にお世話になることが、常にあります。
同じ廃棄物業者の利用者として、わかることや、共感もあると思うので、当社サービスをおすすめしています。

-個人事業者